まだGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の上位表示で消費してるの?MEOの闇とは・・・

質問

店舗を運営されている皆さんこんにちは。

ここ数年Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の活用についてご相談を頂くことが非常に増えて来ました。店舗集客におけるGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の重要性に改めて気付かされています。

しかし、大体のご相談の内容は、特定の検索キーワード(主に地域×業種)における上位表示をする方法はどうしたら良いのかというご内容が未だに多い事に驚いています。もちろんこれまでのSEOの流れで考えれば当然なのですが、ローカルビジネスにおいての検索結果上位表示は、これまでのSEO(Webサイトの検索結果上位表示)とは全く異なります。

今回は、ローカルビジネスにおける検索結果上位表示を追い求めることについての危険性について書いていきたいと思います。

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の検索結果3位以内に入っても集客に影響しない?

まず、Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の検索結果は数千とも、数万とも言われる一般には完全にブラックボックスなアルゴリズムの組み合わせによって、Google検索やGoogleマップ上に店舗情報が表示されています。

さて、ここで一つ考えたいのは、検索キーワードが同じものであれば誰でも同じ検索結果が表示されるのかという事です。

答えからいうと「NO!」です。

渋谷にいる人が「渋谷 カフェ」と検索した場合と、大阪にいる人が「渋谷 カフェ」と検索した場合ではその表示される内容はGoogle検索でもGoogleマップでも異なります。

唯一同じ検索結果が表示される場合は、シークレットモードを使用した「ブラウザ」で位置情報をオフにした状態で「渋谷 カフェ」と検索した場合です。でもこのような設定で常に検索する人はいませんし、Googleマップではこのような事は起こりえません。

渋谷と大阪は少し極端な例ですが、このように検索した時にいる場所とその検索結果は非常に密接に関連していてユーザーによって検索結果は異なります。

さて、それでは、検索したユーザーによって表示される内容が変わるにも関わらず、上位表示3位以内にこだわる事に意味があるのでしょうか。

これはネット検索をして頂いてもよく出てくる内容ですが、検索上位表示MEO対策は最近否定的な意見が非常に多くなっています。特に店舗側の立場に立ったマーケターの記事で上位表示に否定的な内容が多い事からも、Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の上位表示を推奨する記事はMEO業者による営業目的の記事であることが多いことが分かります。

間違った運用方法が危険な上位表示至上主義

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の店舗名は検索結果のランキングに影響しています。つまり、店舗名にキーワードを入れれば、そのキーワードで検索したときに表示されやすくなると言えます。

例えば横浜に「海鮮酒場 美味彩菜」という店舗があるとします。

オーナーは「横浜、居酒屋、個室、飲み放題」というキーワードを重視していて、これのキーワードで検索されたときにGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)を表示させたいと考え下記のように店舗名を変更しました。

「横浜の個室居酒屋「海鮮酒場 美味彩菜」飲み放題」

この場合、海鮮酒場 美味彩菜 以外の文章や単語はすべて余計なキーワードとなりガイドライン違反と判断されます。最悪の場合リスティングの停止(Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の表示停止)のペナルティを受けることがあります。

上位表示を目的としてこのような運用を誤って実施してしまったり、MEO業者がガイドライン違反と知っていて対策の一環として実施することもありますので注意してください。

Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の効果測定はインサイトの閲覧数や反応数の数値を増やす!

もし特定のキーワードで検索結果の上位表示を目指してGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)を運用するとしたら、恐らく1ヶ月もしないうちに諦めてしまう方がほとんどでしょう。

それはなぜか!答えは単純です。短期間で実現するには非常に難しいからです。1ヶ月程度一生懸命やっても上位表示されなければ「これはいくらやっても無理だ」と思って人は諦めてやめてしまいます。

では、Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)を運用する上で検索結果上位表示を目標としない場合は何を目標にすればよいのか、それは「インサイト」の数値です。

インサイトはGoogleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)が閲覧された数やマイビジネスから実際に起こった反応数など様々な情報を取得することが出来ます。これらの数値を定点観測し右肩上がりにしていくという事を目指す事をおすすめします。

先にも書きましたが検索結果の表示順位は人によって異なります。もし仮に上位表示されたとしても、それが多くのユーザーに対して表示されているとは限りません。

しかし、インサイトは絶対的な数値として反映されます。ユーザーによって違って表示されたり曖昧に表示されることはありません。(Googleのバグが無い限り)

これらの数値をしっかりと上げて行くことで、表示数が増加し、反応数が増加すれば集客に繋がってくることは間違いありません。Googleビジネスプロフィール(Googleマイビジネス)の集客に繋がる数値を向上させる、これを目標にぜひ活用していきましょう。

もし、インサイトの数値の見方が分からない、数値を上げるためにどうすればよいのか分からないという場合は、お気軽にご相談下さい。

複数店舗のGoogleビジネスプロフィールとSNSを連携して一括更新できるようになりました!
詳しくはこちら
0
LocalBase管理者 5か月 0 回答 120 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい