【LocalBaseブログ】Googleマイビジネスは進化中!2020年に起こった変化や問題点まとめ

質問

店舗を運営されている皆さんこんにちは。

師走に入り、私も走り回っておりますが、皆さんはいかがでしょうか。走り回ったというよりコロナ禍で振り回された一年になりましたが、忙しい12月をお過ごしの事と思います。

ということで、今回はGoogleマイビジネスに起こった2020年の変化や問題などをまとめて取り上げたいと思います。これを見ていただくだけでもGoogleマイビジネスは進化を続けていて、進化の過程には問題も多々出てくるということがおわかり頂けるのではないかなと思います。

それでは張り切っていってみましょう!

1月 Googleマイビジネスの投稿が拒否される問題が発生

2020年1月、Googleマイビジネスの最初のトピックは投稿が出来ないということでした。これはすべての投稿で起こっていた事ではなく、一部の投稿でGoogleが制限を掛けたという事だったのですが、多くの原因は不具合だったようです。

投稿に添付する画像について、性的なコンテンツや重複コンテンツ、著作権に関する問題のあるコンテンツなどがその対象になったそうですが、このアルゴリズムに不具合が発生していて投稿が拒否される事例が多かったようです。

3月 新型コロナウイルスに対応する機能が追加され始める

2月に入ると国内ではダイヤモンド・プリンセスにおける新型コロナウイルスについて感染が話題になり、いよいよ対岸の火事ではなくなってきました。3月に入り世界各国でコロナウイルス感染拡大が進む中、Googleもマイビジネスでのコロナウイルス対応機能を追加していきました。

1,企業が新しいレビューやQ&Aを受け取る機能を遮断する
2,場所を「一時的に閉鎖」として報告するオプションを追加
3,顧客がアップロードした新しい写真を無効にする
4,COVID-19 Google投稿タイプの追加

初期は機能制限が多かったのですが、少しずつ店舗を支援する機能が増えていき、このあたりはGoogleさすが!といったところかなと思います。

4月 属性情報に宅配やテイクアウトなど、新型コロナウイルスに関連する店舗支援機能が追加される

Googleは飲食店など一部のビジネスカテゴリにおいて「宅配」や「テイクアウト」などの属性を追加し、これを選択出来るようにしました。またこれと同時にGoogleマップ上にも「宅配」「テイクアウト」などの対応店舗を絞り込めるボタンが目立つ場所に表示され、店舗支援のための機能が追加されました。

その後は「非接触決済」や「非接触デリバリー」など、よりコロナウイルス対策を意識した項目も追加されるなど、非常にフレキシブルに対応している事が伺えます。

5月 4月〜5月にかけてGoogleマイビジネスの順位が大幅に変動!しかしこれはバグだった!

Googleマイビジネスの掲載順位に関わるアルゴリズムは日々変動し、また時に大きな変動があります。今年の4月〜5月にかけて非常に大きな変動が起こり、所謂MEO業者は阿鼻叫喚となりましたが、これはバグであったとGoogleが発表しました。

6月 営業時間の詳細機能が追加される

6月に入ると、Googleは「営業時間の詳細」という機能を追加しました。店舗によっては何のための機能?と思われるかもしれませんが、例えばドライブスルーの対応時間、オンラインサービスの提供時間、テイクアウトの提供時間、高齢者限定時間など、通常の営業とは異なり、特定のサービスなどで対応できる時間がある場合に利用できる機能です。

高齢者限定時間などの項目があるとおり、この機能も新型コロナウイルスがきっかけになっていることは間違いないことが伺えますね。素晴らしい!

7月 Googleマップに投稿するユーザーを通報する機能が追加される

時にGoogleマイビジネスには悪意のあるユーザーがクチコミを残す事があります。例えば競合によるネガティブキャンペーンもそうですし、SNSなどで炎上騒ぎが起こったときに便乗して誹謗中傷のクチコミを残すユーザーもそうです。

Googleは、こういった悪意のあるユーザーを通報する機能を追加しました。ただし現在はGoogleマップアプリからのみ利用出来る機能なので注意が必要です。

通報するには、そのユーザーのクチコミ一覧(ユーザーのプロフィールページ)を表示し、右上にある3点リーダーから「報告」することが出来ます。

悪い影響を及ぼす恐れのあるユーザーは、ここからGoogleに報告しましょう!

9月 新型コロナウイルス感染対策に関連する「健康と安全」項目が追加。Googleマイビジネス上にも目立つように表示される。

健康と安全機能は、コロナウイルス感染対策を店舗でどのように行っているか、項目を選択することでユーザーに伝える事ができる機能です。属性情報の中に追加され、「スタッフの検温あり」「スタッフはマスク着用」「要予約」「要検温」など、スタッフの対応や顧客への対応状況など選択出来ます。

また、ここで選択した項目は、Googleマイビジネス上ではわかりやすい場所に掲載されます。ユーザーが店舗探しをするに当たってコロナウイルス感染対策の状況は一つの判断材料になるので、正しく登録される事をおすすめします。

11月 iPhoneなどiOSのブラウザからGoogleマイビジネスにクチコミが投稿できない不具合

現在も進行中の不具合の一つですが、iPhoneのブラウザから店舗検索し、ナレッジパネルからクチコミを投稿しようとすると、ログイン画面がループする不具合が起こっています。

これは現在も進行中のようでまだ改善していません。同じiOSでもGoogleマップからのクチコミ投稿は問題ありませんので、ブラウザで表示したナレッジパネル特有の不具合であると思われます。

進化と不具合、Googleマイビジネスは常に進んでいる!

進化の過程に問題は付き物です。日本にはまだ入ってきていない新機能も世界各国のマイビジネスではテスト運用されています。

これからGoogleマップ、Googleマイビジネスは地域情報や店舗情報のインフラになることは間違いありませんので、きちんと管理・整備を行い、運用を継続することで評価を高める事が出来ます。

これからのGoogleマイビジネスの進化に期待を持ちつつ、不具合も多めに見つつ(笑)、ぜひマイビジネスを今後も活用していきましょう!

0
LocalBase管理者 2か月 0 回答 125 表示 1

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい