Googleマイビジネスで投稿が拒否されましたと出る原因とは

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

Googleマイビジネスでは、情報発信できる様々な機能がありますが、中でもよく利用され効果も高い機能が「写真」と「投稿」です。

しかしこれらの機能、実はGoogleが厳しくガイドラインを定めており、稀に投稿してもGoogleから拒否されることもあるんです!

そこで今回は、どのような時に投稿が拒否されるのか、その原因と対策についてご紹介したいと思います。

投稿が拒否される原因

Googleは投稿に関するコンテンツのポリシーを明確に定めており、しかもちょこちょこ更新しています。もし一度も見たことないよという方は下記リンクからたまに見に行かれる事をおすすめします。

https://support.google.com/business/answer/7213077?hl=ja
(Googleマイビジネス 投稿コンテンツに関するポリシー)

Googleは以下のようなコンテンツについてポリシー違反としています。

  • 関連性のないコンテンツ・・・店舗に関係ない内容
  • スパム・・・閲覧者に誤解を与えるような内容
  • 不適切なコンテンツ・・・差別、誹謗中傷、暴力、性的な内容
  • プライバシー・・・個人のプライバシー保護
  • 禁止コンテンツ・・・アルコール、タバコ関連商品、ギャンブル、金融サービス、医薬品、未認可のサプリメント、健康機器、医療機器といった規制対象の商品やサービス
  • テロ関連・・・暴力の助長など日本で考えると反社関連があたるかと
  • 不実表示、誤解を招く文言・・・なりすましや虚偽、誤った内容など

GoogleはこういったコンテンツをAIなど自動で判別し、場合によって目視でも確認していると言われており、違反コンテンツは拒否して表示されないよう制御しています。

しかし、この中で難しいのが「禁止コンテンツ」ですよね。例えば健康機器や医療機器などについては、これらに該当する店舗やクリニックを運営されている方はどうすればいいの?と思われるかもしれません。

禁止コンテンツの写り込みはOK、焦点を当てるのはNG

禁止コンテンツにあたるような情報の投稿例としてGoogleは以下の内容を挙げています。

規制対象の商品が偶発的に写り込むことは許可されます。

    許可されるコンテンツ(偶発的な描写): レストランの動画で、ワインを楽しむ客が背景に写っている

    許可されないコンテンツ: 動画の全編を通してアルコール飲料に焦点が当てられている(動画のメインテーマがアルコール)

引用:Googleマイビジネスヘルプ

つまり、「アップで写したらだめよ、別のコンテンツがメインで写り込んでしまうのはOKよ」という事です。

上述しましたが、現在はAIの技術が発達し、これらのコンテンツを自動で判別し始めています。単純に掲載されないだけであれば良いですが、ポリシー違反が目に余る場合、ビジネス情報そのものにペナルティーが課せられビジネスが表示されにくくなったり、最悪の場合アカウントの停止や削除なども起こる恐れがあります。

GoogleはYMYL(Your Money or Your Life(あなたのお金や健康に関わる重要な情報))と呼ばれるジャンルのコンテンツについて、近年非常に厳しく制限し、検索アルゴリズムにも影響を及ぼしています。

こういったコンテンツはGoogleマイビジネスにも影響していますので、Googleのガイドラインはたまに確認して見ることをおすすめします。

0
LocalBase管理者 4週間 0 回答 123 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい