【LocalBaseブログ】Googleマイビジネスは様々なWeb情報からの影響を受けて出来ている?①

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

今回は少しアカデミックな内容を3回に分けてお届けしたいと思います。

Googleマイビジネスは、様々な情報を登録出来るようになっています。例えば、店舗名、住所や位置情報、電話番号、営業時間、写真、メニュー、商品やサービス、店舗説明文などほかにも色々と。。。

しかし、そこに登録できる情報は、基本的な店舗情報の域を出ません。つまり、ユーザーが検索されたキーワードに対して、現在のように精度の高い検索結果をGoogle検索やマップで表示するには圧倒的に情報量が少ないのです。

では、Googleはその少ない情報の中で検索結果を表示しているのでしょうか。

答えは「NO」です。

それではどのような情報がGoogleマイビジネスの表示に影響しているのか、今回はあまり知られていないGoogleマイビジネスのアルゴリズムにも影響する内容についてお伝えします。

Googleマイビジネスの表示に影響する外部要因

Googleマイビジネスは「Google検索」や「Googleマップ」で表示されることで、はじめてユーザーが触れることができる情報です。

しかし、前述しましたとおり、Googleマイビジネス上に登録できる情報は限られていますので、それ以外の外部要因によって「Googleはその店舗がどのような店舗なのか」を整理しています。

では、どのような外部の情報が影響しているのかをご紹介します。

1,店舗のWebサイト内容との関連度(←GMBからWebサイトとして設定しているサイト)

2,世の中にある様々なWebサイトに掲載されている店舗情報

3,SNSやブログなどに言及されている店舗情報

4,ユーザーがGMBに書いた口コミの内容(←店舗側では制御できない情報として)

5,食べログなど外部サービスに掲載されている口コミの内容

いかがでしょうか。実はGoogleマイビジネスに登録できる内容とは別に、外部要因にる影響を受けてGoogleは店舗を評価し、Googleマイビジネスの表示を行っています。

それぞれの項目を見てもらうと分かる通り大きくは以下の3つに分類出来ます。

「自店舗のWebサイトの情報」「外部サイトやSNSサイトの情報」「ユーザーの口コミ」

次回は、それぞれの内容についてもう少し深堀りしていきたいと思います!

0
LocalBase管理者 4週間 0 回答 91 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい