【LocalBaseブログ】Googleマイビジネスは様々なWeb情報からの影響を受けて出来ている?③

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

今回も前回前々回に続きGoogleマイビジネス(GMB)の外部要因による影響について紹介させて頂きます。

今回は「ユーザーのクチコミ」がGMBの店舗情報にどのように影響しているのかご紹介していきたいと思います。

Googleマイビジネスの店舗情報はユーザークチコミ内容が影響している

まず↓こちらの画像を見てみて下さい。

この画像は当社タレントクラウドのGoogleマイビジネスの画面でユーザーのクチコミが一部引用抜粋されている部分です。

よく見ていただくと一部の単語が太字になっているのが分かると思います。これはユーザーが太字にしているのではなく、Googleが太字にしています。

勘のいい方はもうお気づきかと思いますが、Googleはユーザーが投稿したGMBのクチコミを全てテキストマイニングを行い、評価点数や前後の文脈からポジティブな事を言っているのかネガティブな事を言っているのかも認識をして店舗情報と紐付けています。

店舗情報と紐付けているという事は、後から他のユーザーが検索する際の「検索キーワード」に影響をしているということです。

少し極端な例ですが上の画像から判断すると当社のGMBの情報は、
・講師
・先生
・説明
・サービス
・マイビジネス
・セミナー

というキーワードが影響しているという事が分かります。
(もちろんこれは数ある影響キーワードの一部です。)

当然ですが検索キーワードとして影響のあるのはポジティブなキーワードになるので、より良いサービスや商品を提供し、良いクチコミを集める事で、Googleマイビジネスの露出が高まる傾向があります。

GMBだけでなく外部サービスのクチコミ内容も影響している!

各業界ごとに様々な店舗紹介サービスがありそこにクチコミ投稿ができるサービスも数多くあります。例えば、食べログ、エキテン、E-PARK、じゃらん、他にもたくさんのクチコミ掲載できるサービスがあります。

Googleはこれらに掲載されているクチコミの内容もテキストマイニングを行いGMBの店舗情報と紐付けていると言われています。

つまりクチコミはGMBはもちろん、外部のサービスでもクチコミを取得した方が良いという事になります。

カナダのローカルSEO会社によると、下記のような調査結果を報告しています。

多数のレビューサイトと企業をクロールし、特定のデータポイントをランキングと相関を調べました。この非常に具体的な要素、つまり検索されたキーワードを持つレビューの割合と、都市でのレビューの割合を調べたところ、これらは、その要因とランキングに非常に高い相関関係がありました。

このようにクチコミの内容は、ユーザーの本音であり第三者による評価としてGoogleは店舗の重要な情報として参照していることが分かります。

クチコミの内容に欲しいキーワードを投稿してもらう

クチコミのコメント内容をユーザーに指定させることは禁止されていますし、公平性やモラルからも推奨はされません。

では、どのようにユーザーのコメントに欲しいキーワードを書いてもらうかですが、ユーザーへの投げかけにそのキーワードを入れてもらいやすい案内を書いておきましょう。

クチコミの投稿に慣れていないユーザーは、どんなクチコミやコメントを書けば良いか想像があまり出来ません。なので、そのあたりをうまく突いてあげながらキーワードを連想させることがおすすめです。

例えばクチコミを依頼するチラシや文面にあなあたの業態にあった下記のような内容を書いて見てください。(例として業態などバラバラに記載しています)

・これまで利用した歯科医院さんと比べての当院の評価など
・今回あなたが召し上がった料理とその感想など
・店内の雰囲気やスタッフの対応など

このように少しヒントを与えて上げると、コメントを書いてもらいやすくなったり、キーワードとなる詳細な内容も書いてもらいやすくなります。ぜひこういった工夫もしてみてください。

以上いかがでしたでしょうか。
Googleマイビジネスはユーザーが書いたクチコミはもちろん、外部サービスのクチコミも影響しています。

ユーザーのクチコミは単純に店舗決定の判断材料になるだけでなく、GMBの店舗表示そのものにも影響しているという事をぜひ覚えておいてください。

0
LocalBase管理者 2週間 0 回答 100 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい