【LocalBaseブログ】Googleマップのローカルガイドがインフルエンサーになる?

質問

店舗を運営されている皆さん、こんにちは。

皆さんはGoogleマップでお店にレビューを投稿したり写真を投稿される事はありますか?店舗を運営されている側なので普段はレビューを受けたり写真を投稿される事の方が多いと思います。今回は、レビューや写真を投稿するユーザー側、とくにローカルガイドについて書きたいと思います。

ローカルガイドについては以前もこちらの記事で書きましたが、ローカルガイドユーザーは現在とても増えていてGoogleも力を注いでいるGoogleマップ施策の一つです。そしてそのGoogleマップではユーザー同士お互いをフォローしあえる機能が今年追加されました。

フォロー機能を備えた新しいユーザープロフィールは、SNSを彷彿させ、Googleマップインフルエンサーが出てくるまでそう長くはかからないのではないかと思います。特にローカルガイドには「レベル」も存在しますので多くのフォロワーを獲得した高いレベルのローカルガイドがインフルエンサーになるのは想像に難くありません。

これまでもローカルガイドのプロフィールはありましたが、Googleマップ上でお気に入りのローカルガイドの新しい投稿の情報を取得する方法はありませんでした。このフォロー機能によってこれがとても簡単になり、今後SNSのタイムラインのようにGoogleマップがリアルタイム性を持った大規模なソーシャルメディアネットワークに変化する可能性があります。

SNS構築に何度も失敗してきたGoogleの新しい矛先がGoogleマップ?

GoogleはこれまでもSNSを構築しようとしてきましたが、繰り返し失敗してきました。皆さんも良くご存知なのはGoogle+だと思いますが、それ以前にもGmail内にGoogle BuzzというTwitterのようなSNSを作ったりと、当時FacebookやTwitterを模したSNSを作ろうとしては失敗していました。

では、GoogleマップがSNS化したらどうなるのか?

個人的には非常に面白いソーシャルネットワークになるのではないかと思っています。SNSユーザーが頻繁にアップしている情報の中でも「食事」「旅」「写真」「クチコミ」というような、まさにGoogleマップに今でも投稿される内容は数多くあります。

これに地域情報として強みを持っているGoogleマップの機能が上手くハマれば、ユーザー同士が地図上でコミュニケーションを持ち、これがリアルに反映されていく、全く新しいソーシャルネットワーキングサービスが生まれる可能性があります。

ローカルガイドがインフルエンサー化し店舗集客に影響する日

最近私のGoogleマッププロフィールにフォローが付くようになりました。私のファンが増えたのかな?と思ってフォロワー見てみると、彼らはすべて外国人のローカルガイドで、私以外のローカルガイドに対しても数多くのフォローをしている事がわかりました。

これは、初期のTwitterに非常に似ています。私がTwitterに参加したのは2010年の後半で、当時のTwitterでは、ほとんどの人が「○○なう」とつぶやいていました笑。そしてその頃、自分のフォロワーを増やすために自分からフォローするという方法が編み出されました。

これは、今では当たり前ですが、当時は手探りで皆が情報共有しながらやっていた事です。これをGoogleマップのユーザーがまさに手探りで始めている、それが私をフォローしてきた今の海外ローカルガイドの活動のように見えます。

今後、彼らが多くのフォロワーを獲得し、近い将来Googleマップが本格的にソーシャルネットワーク化した時、世界中にローカルガイドのインフルエンサーが現れて、TVなどのメディアにも引っ張りだこ、彼らのレビューが店舗集客を左右するなんていう日が来るのもそう遠くないのでは無いかと思っています。

0
LocalBase管理者 1か月 0 回答 68 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい