【LocalBaseブログ】間違ったMEO対策でペナルティ?ローカルSEOとMEOの違いとは

質問

店舗ビジネスを運営されている皆さん、こんにちは。世の中にはコツというものがたくさんありまして、見様見真似でも色々なことはできるのですが、真似ではなく本物にするにはコツが必要ですよね。例えばゴルフ、止まっている玉を打つという一見簡単に思えるスポーツですが、実はコツを知っていないとボールに当たっても真っ直ぐ飛びません。逆にコツを覚えるだけで気持ちいいくらいまっすぐ飛んで行きます。

これはWebの世界でも同じです。競合他社が最近Googleマップを色々活用しているみたい。じゃあうちも真似しようと思っても、実はその競合他社がコツを知っていた場合、同じ事をやっているつもりでも実際には1割程度しかその効果が出ていない事がたくさんありますし、最悪の場合Googleからペナルティを食らうという場合もあります。

では、そんなGoogleマップを利用する「コツ」ついて今日は書きたいと思います。まずこの「コツ」を専門用語に言い換えると「MEO」や「ローカルSEO」と言われます。MEOとはSEOのSをMに変えた造語でMap Engine Optimaztion(地図(検索)エンジン最適化)の略称です。造語と言いましたが、このMEOというワード、日本でしか使われていない言葉です。グローバルでは「ローカルSEO」と言われていて、Local Search Engine Optimation(地域検索エンジン最適化)の略称です。

MEOとローカルSEOの違い

MEOとローカルSEOこの両者は同じ意味合いで利用されますが、目的は全く異なっている場合がほとんどです。

MEO・・・特定キーワードによるGoogleマップや検索等のGoogleマイビジネス検索結果の表示順位向上
ローカルSEO・・・Googleマイビジネス活用最適化によるGoogleマップや検索結果の表示数及び集客アクション数の向上

一見似たように感じるかもしれませんが、前者は特定キーワードに特化した表示順位の向上を目指します。例えば「船橋 歯科医院」や「五反田 居酒屋」など「地域×業種」での組み合わせで上位表示を目指す事がほとんどです。

後者は特定のキーワードは決めません。Googleが推奨している方法や先人が解析している表示向上の方法などを駆使して、Googleマイビジネスそのものの表示回数やユーザーのアクション回数の向上を目指します。

誤ったMEOでペナルティの危険も

では、MEOのコツとは何でしょうか。実は非常に簡単で、しかも絶対にやってはいけない方法が一つあります。それは「店舗名にキーワードを入れる」事です。例えばあなたのお店が恵比寿にある「海鮮酒場 北の大将」という店舗名だったとします。そしてあなたは「恵比寿 居酒屋」で上位表示させたいと考えています。その場合Googleマイビジネスの店舗名を下記のように変えてしまいましょう。
「恵比寿 居酒屋 海鮮酒場 北の大将」
恐らく1週間ほどで順位がぐんぐん上がります。これはMEO業者がよく行っているMEO施策です。つまり「コツ」です。

しかし、間違えてはいけません。先程も書きましたがこの方法は絶対にやってはいけない最悪の方法です。店舗名に正式な名称以外のキーワードや言葉を追加する行為はGoogleの利用規約に違反していて、ペナルティを受けたり最悪の場合アカウントの凍結や削除なども起こります。先日、ある店舗から「Googleマイビジネスに写真をアップしているが全然反映されない」と相談をもらいました。その店舗のGoogleマイビジネスを確認したところ、店舗名に複数のキーワードを追加されており、ユーザーから見てもそれは不自然なほど明らかでした。そこで、キーワードを削除し写真を再度アップしてもらったところ、2日後には写真が反映されていました。このようなペナルティが知らずに起こっているのです。

私達はMEOではなく、ローカルSEOを推奨しています。MEOの施策は特定のキーワードに絞るので非常に簡単ですが、以下のデメリットがあるためです。

  • キーワード上位表示はGoogleのアルゴリズム変更に左右されやすく、それまで行っていた施策が一瞬で無駄になる事がある
  • 同じキーワードでもユーザーの環境(場所・端末・行動)によって表示sれる順位が異なる
  • キーワード特化型のため、多様化しているキーワードで表示されにくくなったり、マップアプリや検索結果のおすすめ表示などでは増えにくい
  • MEO施策を実施する担当者や業者の知識不足によりGoogleの規約に違反した最適化が行われ、ペナルティや最悪アカウント削除の恐れがある

ローカルSEOのコツとは

では、ローカルSEOの「コツ」とはどのような事を行えばよいのでしょうか。
こちらの記事でも書かせて頂いていますのでご覧になってみて下さい。また、私たちの資料をダウンロードして頂ければここにもヒントがありますのでよろしければぜひ!

Googleマップを活用する目的はあくまで「集客」です。Googleマイビジネスの表示回数を増やし、顧客が来店するためのアクションの数字を増やす事が大前提です。検索結果の上位表示はその目的のための一つの手段でしかありません。みなさんも手段と目的を間違えず、正しいGoogleマイビジネスの活用を行って下さい。

0
LocalBase管理者 2か月 0 回答 145 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい