【LocalBaseブログ】MEO・ローカルSEOって何をやればいいの?

質問

Googleマイビジネスを活用しようと思って色々調べると必ず出てくるのが「MEO」という言葉です。「Map Engine Optimazation(マップエンジン最適化)」の略なのですが、これ実は日本だけで使われている造語。世界的には「Local SEO(地域情報検索エンジン最適化)」が一般的です。日本はやっぱりガラパゴスという事ですが、MEOでもローカルSEO基本的にやるべきことは同じです。

当社は、このローカルSEOのお手伝いをさせて頂く事がサービスの一つとなっているのであまり詳しくはお伝え出来ないのですが、今回はその一部、特に調べて行くと挫折しがちな部分を記事に書いてしまおうと思います。多分当社役員に怒られます。でも私だけ怒られて皆さんが幸せになれたらそれが一番です。

MEO・ローカルSEOキホンのキ

私たちも常日頃から現地アメリカを中心にローカルSEOの情報を取得しています。Googleはどんどん進化していきますので、それに追いつくだけでも大変です。しかし、まずは変わらない事があります。それはGoogleマイビジネスの機能を活用しようという事です。

例えば、カバー写真やロゴ画像は設定していますか?ビジネスの説明文は入力していますか?クチコミに返信はしていますか?投稿を使って最新情報を発信していますか?その他利用していないメニューはありませんか?まずは、それらの機能を全部使いましょう。Googleはこれらの機能を継続的に活用することを推奨しています。

また、機能を活用するということは管理画面によくアクセスすることになりますが、そこにヒントが書かれていることがあります。例えば「写真をアップロードすると○%閲覧数がアップします」というようなことが表示されることがあります。このヒントは嘘ではありません。ヒントを見つけたらぜひそのヒントを今度は継続的に実施していきましょう。

調べても分からない業者や上級者が実施するローカルSEO施策とは

Googleマイビジネス最適化を行う業者や上級者はGoogleマイビジネス以外の施策を実施します。NAPやサイテーションといった言葉は調べればすぐ出てきますので今回は省きます。では業者や上級者はGoogleマイビジネスの外でどのようなローカルSEOを実施するのでしょうか。

それは自社のWebサイトの最適化です。いえ、ローカルSEOのための自社Webサイトの最適化です。結果的に同じですが(笑)。では、自社のWebサイトの最適化がなぜ必要なのでしょうか。Googleマイビジネスの情報はWeb上にある様々な情報と紐付いています。なかでも自社Webサイトは重要な要素です。例えば次の画像をご覧下さい。

「和牛 食べ放題 千葉」で検索した結果です。一番上と一番下のビジネスにはウェブサイトでの記載:○○と書かれていることが分かると思います。つまりビジネス情報はウェブサイト上の情報とも連携していて、検索キーワードとの一致によってGoogleマイビジネス上にも表示されています。ではこれらはどういった最適化が必要なのか、簡単にいうとHTMLタグです。

ホームページは普通に見るときれいなホームページが表示されていますが、実はHTMLと呼ばられるプログラミングコードで作れられています。このプログラミングコードには様々なルールがあり、それらを無視しても外からみてきれいなホームページは作れます。しかし、Googleはそれを良しとはしていません。というよりGoogleの検索ロボットがホームページを巡回したとき、分かりやすくHTMLコードを記述してあげる必要があります。それがHTMLタグです。例でいうとH1・H2・H3タグは順番どおりに並んでいる必要があります。こういったHTMLタグを正しく記述することで、Googleはホームページの内容を理解し、Googleマイビジネスの情報との紐付けもより正確性が増すことで、よりGoogleマイビジネスの最適化が進み表示を増やす事が出来ます。

ローカルSEOにもWebの知識が必要

他にも自社Webサイト側の最適化で、見た瞬間に挫折しそうな内容の一つに「構造化データ」というものがあります。構造化データとは、WebサイトのHTMLに記述するコードの一つです。これは必須ではありませんが、世の中に必須ではないものはたくさんあります。必須ではないもののほとんどはやっておいた方が良いことだったりします。ではこの構造化データとは一体何か、答えはそのWebサイトは「○○について書いてあります」という事を伝えるコードです。次の画像で構造化データの一例をお見せします。

サンプルデータで実在しない情報です

これが構造化データです。このコードを自社Webサイトに記述します。この構造化データはサンプルですが、何が書かれているかというと、お店の店舗名、カテゴリ、住所、位置情報、電話番号、営業時間・・・・このような情報が書かれています。

もうお気づきの方がいるかもしれませんが、Googleマイビジネスと同じ情報をWebサイト上に記述することができ、それを分かりやすくGoogleに伝える事が出来ます。これらの情報の一致によってGoogleマイビジネスの最適化に繋がります。

こういった情報は日々更新されますし、明日には古くなっているかもしれません。しかし、私たちはこのような技術的な情報も日々取得し、私たちがサポートしている店舗のマイビジネスの最適化に適用しています。

ご自身で出来る方はぜひこういった技術的な最適化にもチャレンジしてみて下さい!もしお手上げという場合は、私たちにおまかせ下さい。

0
LocalBase管理者 6か月 0 回答 111 表示 0

回答を残す

この質問に回答するにはログインするか無料登録して下さい